和歌山風俗求人|プロフィール和歌山店|仮:みき(53歳)

私が20歳の時に和歌山の風俗業界に潜入してから30年の月日が経ちました。この30年の間に風俗界もめまぐるしく状況が変わっていきました。30年の間で風俗界が一番盛んだったのは私が働き始めてからの5年くらい、日本がバブル景気で盛り上がっているときです。多くの日本人男性がお金を手にしては風俗を利用していたので、休む暇も休憩時間もないほど股を開けてサービスを提供し続けていました。腰が痛くなりすぎて、男性に全てを委ねるなんて日も何日かあったほどです。当時流行っていた和歌山風俗の楽しみ方は、高級ホテルの上層階を貸し切っての乱交パーティ。様々な風俗店から派遣されてやってきた女の子たちが集まって、部屋やプールなど至る所で性行為を行っていたのを覚えています。バブル時代は大いに稼がせてもらった私でしたが、弾けた直後は風俗店の数も利用客も減って少し生活が苦しくなる時期もあったのですが、数年後により歴史のある和歌山のデリヘル「プロフィール和歌山店」へ移籍することによって安定した収入を得るようになりました。その後は現在まで和歌山のデリヘルで常連客を相手に生活をさせてもらっています。なので20年以上デリヘルで働いている私は和歌山デリヘルの生きる伝説として君臨しています。基本はお客さんの相手をするのが仕事ですが、求人を見てやってくる新人の女の子への指導も私の担当となっています。私が風俗へ飛び出したきっかけは離婚で、子供二人連れてあとがもうない状態だったので生きるために仕方なく風俗店で働くようになったのですが、最近の若い女の子は求人情報へ応募する動機がお小遣いを稼ぐためだったり、気持ちよくなってみたいと考えたり不純な動機な女の子が多すぎて少しイライラしています。せっかく一人前になるためのテクニックを存分に伝授したとしてもすぐにやめてしまう人が続出して、教え損の状態です。しかし私のように後がもうなくて働き始める女の子は必死に働き、努力しているので私も負けられないと気合が入ります。なので、もしも皆さんが和歌山のようなデリヘルを利用するのなら、ベテランを選べば間違いなく満足できることは保証できます。ただし、新人でピックアップされている女の子の中にも人生を掛けてデリヘルで働き始めた人も多くおり、30前後で新人嬢として働き始めた女の子は人生を掛けている確率が高いのでぜひお試しください。さて風俗歴30年を迎える私ですが、一番心掛けていることがあります。それはデリヘルは接客業であるということです。いつもニコニコ笑ってお客様の満足のために今日も頑張って働きます。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

和歌山風俗求人|ドレス和歌山|仮:みく(21歳)